不安がなくなる○○記入法

ライフコーチング”不安・恐怖症専門”カウンセラーの横井延昌(よこいのぶまさ)です。

以前、休日に家族で親戚のうちに
遊びに行った時のこと、、
昼食をご馳走になっていると、
中学生の長男が帰ってきました。
 将来はサッカーの選手になりたいと
一生懸命練習しているんですね。
 部屋を覗かせてもらうと、
大好きな選手の写真や
サインでいっぱいです。
 よく見ると、カレンダーに
”色違いの星”が
書いてあって
その下に”数字”が
書いてあります。
これは何かと聞くと、
 黄色の星
→クラブの練習、
赤の星
→自主的な練習。
その下の数字
→ 自己採点
 として
カレンダーに記入しているとのこと。
「ほかにも練習や試合の日記も
付けているんだよ。」
 と、教えてくれました。
 これは、本気でサッカーを
やっているなぁ~と、
感心してしまいました。
 —————————–
これは視覚を使って潜在意識に
刷り込んで継続力を高める
方法なんですね。
 予定通りにできた日には、
カレンダーに大きな赤い「○」印を
つける。
 できなかった日には
何もカレンダーに書くことは
できませんよね。
 なので、
なんの印もついていない日を
作りたくないがために、頑張るという
習慣をつける方法です。
 最近は、アプリも出ていたり、
スマホで管理もしやすいですが、
開かないと忘れたり、
 「まあいいや。」
 と、サボりやすいので、
嫌でも目につくところに
張り出したりする方が効果的なんですね。
 最初は、面倒かもしれませんが、
付けなれると、何もかけないことが
段々気持ち悪くなってきます。
もし、あなたも
 ・運動をする
 ・体操をする
 ・人にやさしくする
など、
習慣にしたいことがありましたら
 是非、今回の
カレンダー法を
参考にしてみてくださいね。
できたところにだけ
○をつけるだけ、です^^
最後まで、
読んでいただきまして、
ありがとうございました。
今日も、あなたの心が、
穏やかに過ごせますように!