不安でうまくいかない時ほど重要なわけ

ライフコーチング”不安・恐怖症専門”カウンセラーの横井延昌(よこいのぶまさ)です。

最後のセッションが終わり、
クライアントさんからの
メールを読んでいました。
 中には、
頑張っていらっしゃる方からの
具体的な相談もあるんですね。
 みなさん、実践しても結果が
良くないと不安になるのは
当たり前の気持ちです。
 そんなクライアントさんに
いつもお伝えする言葉があります。
 それは、
 ———————————
パニック障害の治療に
無駄な経験はひとつもない。
———————————
ということ
なんですね。
 極端な話、行動療法の結果は
クライアントさんが思うほど
重要ではありません。
 なぜならば、
——————————-
”うまくいけば自信がつき、
うまくいかないときは学びがある”
——————————-
 だから、無駄な経験はひとつもない
と、自信を持って言えるんですね。
 きちんと計画を立てて、行動して
その結果を振り返る。
 自分の心に問いかける。
 その時どう感じて、どう考えたかを。
 そうすれば、自分の心の中に
症状を治す”宝の鍵”が
きっと見つかることでしょう。
 なので、安心してドンドン行動して
いただきたいんですね。
 気持ちはわかりますが、
いちいち落ち込んでしまっては
もったいない。
 意外と、うまくいかない時の方が
”宝の鍵”が見つかるかもしれませんよ。
 なので、あなたも
安心して進んでください。
 認知行動療法は、あなたが
幸せになるための
”宝探しの旅”なんですね。
最後まで、
読んでいただきまして、
ありがとうございました。
今日も、あなたの心が、
穏やかに過ごせますように!