不安や症状の原因探しはするな!

ライフコーチング”不安・恐怖症専門”カウンセラーの横井延昌(よこいのぶまさ)です。

先日、初めてカウンセリングを
受けにこられた
Tさん 38歳、(男性)の話です。
自動車の営業が仕事のTさんは、
職業柄、よく車の運転をします。
 ある小雨の夜の帰宅途中に、
事故をおこしてしまいました。
 民家の塀に衝突してしまったのですが、
幸い怪我人はなかったんですね。
しかし、それ以来Tさんは
運転に対して
少し神経質になってしまいました。
 「通いなれた道とはいえ、
夜の運転は気をつけよう。」
そんなことを考えながら、
交差点で信号待ちをしていた
その時です。
 突然めまいがして
車を止めてしばらく休んでから、
何とか自宅にたどりついたんですね。
翌日、Tさんは
総合病院の内科を受診しました。
 医師からは、
不安神経症と診断され、
精神安定剤が処方されたんですね。
 しかし、全く治る気配はなく、
不安な気持ちになるばかりでした。
 パニック発作を起こすと、多くの人が、
 ———————————————
 発作を起こした時の状況を病気の原因
 ———————————————
 と、結びつけて考えてしまうんですね。
パニック発作は3種類あります。
 1.原因がなく、
本人も予期していないときに、
不意に起こるパニック発作。
(パニック発作の典型的なタイプです。)
 2.特定の状況に直面したり、
それを予期して緊張が
最高潮に達する時に
起こるパニック発作。
(特定の状況に限って
起こるパニック発作。)
 3.1と2の両方の特性を持つ
パニック発作。
 Tさんの場合は、
2のケースだと思われるんですね。
しかし、Tさんが、
”事故とパニック発作の
因果関係を気にすることは、
かえってマイナス”です。
 なぜならば、
特定の状況で、
パニック発作を何度も経験するうちに、
 ———————————————
 自ら緊張感を高めて、
発作の起こりやすい状態を作ってしまう
 ———————————————
 んですね。
パニック発作が起こった状況を
発作の原因と思ってしまうと、
行動が制限されてしまいます。
 Tさんの場合は、
車の運転が出来なくなって
しまったんですね。
医学的には、パニック発作とは
”誘因なく、混乱する状態になることが
頻繁に起こる状態”
 このように定義されています。
 ———————————————
 私はまず、
 「Tさんは、パニック発作が起きたから
事故を起こしたのではないですよね。」
 「事故を起こしたから
パニック発作が起きたのでもない。」
 「起こしてしまった事故に
”とらわれて自律神経が乱れた”から
パニック発作が起きたのです。」
 と、これまでの話を
Tさんが理解できるまで
じっくりとお話をしました。
そして、
「パニック障害の治療にとても大切なのは
”とらわれない”こと。」
「誘因(きっかけ)なく、
起きるのがパニック発作ならば、
  自分から原因探しをして
”とらわれている”のは、
とても、もったいないんですね。」
「パニック発作に
”とらわれない”ためには、
”少しづつ、少しづつ”
始めることが大切です。」
「車の運転が
出来るようになるために、
少しずつ車に慣れていきましょうね。」
 するとTさんは、
「”少しづつ”が大切なのか、、、。
よろしくお願いします。」
 と、
治療に励むよう決心してくれたんですね。
 ———————————————
あなたも、もしかしたら
パニック発作の原因を探して
苦しくなってしまう時はありませんか?
大切なのは、
”原因探し”よりも
”原因にとらわれない”こと。
そして、
「完治させることができる!」
と、あなた自身が
信じてあげる。
 その方が、心も体も喜んでくれるんですね。
最後まで、
読んでいただきまして、
ありがとうございました。
今日も、あなたの心が、
穏やかに過ごせますように!