不思議!?病気が消滅した話

ライフコーチング”不安・恐怖症専門”カウンセラーの横井延昌(よこいのぶまさ)です。

ライフコーチング

”不安障害専門”カウンセラーの

横井延昌(よこいのぶまさ)です。

 

 

 

私は、読書が大好きです。

 

 

 

いつも寝る前に読書をするのですが、
凄い話を見つけたんですね。

 

 

 

それは、”思考の力”で悪性腫瘍が
消滅した実話でした。

 

 

 

主人公は、Sくん、ドイツの3歳の
男の子です。

 

 

 

脳に悪性腫瘍ができたのですが、
手術が不可能とのことでした。

 

 

 

毎日死と隣り合わせで
痛みに耐えているSくん。

 

 

 

ご両親は、少しでも明るい気持ちに
してやろうと、カウンセラーを
雇ったんですね。

 

 

 

しかし、そう簡単に明るさを
取り戻すことはできません。

 

 

 

何度話をしても、
ふさぎこんだままのSくんですが、
カウンセラーが、ふと見ると、

 

 

 

ロボットの人形を大事そうに
握りしめているんですね。

 

 

 

それは、Sくんが
大好きな正義のヒーロー
だそうです。

 

 

 

「それな~に?」
と、聞くと、

 

 

 

一生懸命説明する、Sくんの表情が
とても生き生きとしていた
そうなんです。

 

 

 

そこで、カウンセラーが、

 

 

 

「Sくんの頭にいる悪者をヒーローで
やっつけてごらん。
バキューンバキューンって。」

 

すると、Sくんは、

 

 

 

「そんなことできるの?」

 

 

 

「できるよ。目を閉じてこらん。
そこにヒーローがいるでしょ。」

 

 

 

「そして、ヒーローが光線銃で悪者を
やっつけるところを想像してごらん。」

 

 

 

Sくんは、輝くような笑顔で
頷くのでした。

 

 

 

 それから、Sくんはいつも頭の腫瘍を
「バキューンバキューン」と
悪者をやっつけるイメージをし続けました。

 

 

 

来る日も、来る日も、
痛みに耐えながら。

 

 

 

すると、腫瘍が、
消えてしまったそうなんですね。

 

 

 

私は、つくづく思考の力の
可能性を感じたんですね。

 

——————————

 

パニック障害の治療に関して、
症状が重いか、軽いかは治る速さに
”ある意味”関係ないと思っています。

 

 

 

大切なのは、

 

———————————
思考が適切になるか、どうか
———————————

 

 

 

ここが重要なんですね。

 

 

 

元気で前向きな心には、
体もそのようになっていく。

 

 

 

私は、クライアントさんと向き合ってきて
脳の誤作動を起こすのも、
脳が正常に戻るのも、

 

 

 

 ——————————-
心が大きく左右している
——————————-

 

そう強く感じているんですね。

 

 

 

あなたも、
明るく、元気で前向きな気持ちで
パニック障害をやっつけちゃいましょうね。

 

 

 

あなたの心が、
とても強い武器なんですよ。

 

 

 

最後まで、
読んでいただきまして、
ありがとうございました。

 

 

 

今日も、あなたの心が、
穏やかに過ごせますように!