不安を超えるプロの方法

ライフコーチング”不安・恐怖症専門”カウンセラーの横井延昌(よこいのぶまさ)です。

天気のいい休日の午前中、
久しぶりにスポーツジムに
行った時のことでした。
 ひとしきり運動をして、
水分補給をしていると、
偶然、あるプロ野球選手がいました。
 見ると、右腕にテーピングを
しています。
勇気を出してお話してみると、
右肘の靭帯を切ってしまったので
手術をして、今はリハビリ中だそうです。
 ひどいケガで引退も考えたそうですが、
なんとか復帰できそうとのこと。
 私は、
「よく、ここまで回復しましたね。」
と、言うと、
 「もう終わったなと、思ったけどね。
これもメンタルトレーナーの
おかげですよ。」
 やはりプロとなると、
精神面でもサポートが入るんですね。
 当たり前の事ですが、何事もなく順調に
元の状態に戻ることはありません。
 時には、
「もうリハビリやめようか。」と
思うぐらい、回復せず辛いそうです。
 そんな時にメンタルトレーナーが
教えてくれるんだそうですね。
 なかなか回復しない時は、
焦って、もがくわけなんですが、
 ちょっと心の持ちようが違うんだそうです。
————————————
現状を変えようと、今を否定するのではなく
受け入れながらやっていく。
————————————
 ポイントになるのは、一旦受け入れて
なおかつ、今の体の状態がベストだと言う
意識を持つことが大事だそうです。
 良い時ばかりを追い求めて
しまうのが人間です。
 それだと現状の自分を把握
できなくなって、一番うまくいかない
パターンだそうです。
 現状を受け入れて、今自分ができる
最高のパフォーマンスを
毎日心がけていくことだそうです。
 さすがプロ!
いいことを言いますね。
————————————
不安障害のクライアントさんでも
順調に症状が改善しているときは
いいんですね。
 でも、ちょっと悪くなると、
 「この前は、もっと出来たのに。」
とか、
 「元気な頃は、、、、、」
とか、
 そのように考えてしまうんですね。
 ある意味仕方がないのですが、
その考えは、ちょっと残念なんですね。
 なぜならば、自分で自分の気持ちを
落ち込ませているんですね。
 そうすると、不安感が増して
”負のスパイラル”に入ってしまいます。
 ———————————–
苦しいのに、自分でさらに
苦しもうとしている
———————————–
 そんなもったいない状態なんですね。
 あなたは、自分で自分を
落ち込ませてはいませんか?
 ぜひ、あなたは、あなたを
明るく励ましてあげてくださいね。
すぐに気分が切り替わらなくても
いいんです。
 少しずつ、自分を励ます
習慣をつけていくこと、
 が大事なんですね。
最後まで、
読んでいただきまして、
ありがとうございました。
今日も、あなたの心が、
穏やかに過ごせますように!