不安に負けないで実践したのに、、、

ライフコーチング”不安・恐怖症専門”カウンセラーの横井延昌(よこいのぶまさ)です。

先日、セッションでAさん(38歳 男性)が
頑張って苦手な電車を
実践して来たんですね。
 「すごいじゃないですか。
ぜひ、自分を褒めてあげて
くださいね。」
 と、話すと、
 「自分を褒めるって
よくわからないんですよね。」
 と、おっしゃるんです。
 そのように、おっしゃる方は
意外に多いのですが、
 パニック障害の方の考え方の
特徴として、
 ”よくできたことを過小評価する”
 と、考える癖がついているんですね。
 電車に乗れても、
「今日は、空いていたから、、、。」
とか。
 会議で緊張しなくても、
「今日は、たまたまなのでは、、、、。」
とか。
 そうやって、自分の行動を過小評価
しているうちに、せっかく出来たことを
忘れてしまうんですね。
 なので、自分を褒めることが
わからないんです。
 それでは、ちょっともったいない。
 自分で自分をいじめているような
ものなんですね。
 なので、そんなときは
”今まで出来たことを書き出す”
ことをおすすめしています。
 すると、思ったよりも
頑張っていることに気がつくんですね。
 ぜひ、あなたも
書いてみてくださいね。
 多分、びっくりするぐらい
出来ている自分を
褒めたくなりますよ。
あー、自分て
なかなか頑張っているかもしれないな、、
 そう思うんですね。
自分が認められると
人も認められるようになります。
少しずつ、自分ホメを
実践してきましょう^^
最後まで、
読んでいただきまして、
ありがとうございました。
今日も、あなたの心が、
穏やかに過ごせますように!